2014年11月26日

【鏡音リン】Blessing-空と風と鳥たちの唄-【オリジナル】



新しい曲を上げました!
普段使うリンちゃんのライブラリは優しい声のsweetやwarmが多いのですが、今回はpowerで力強くのびのびと歌ってもらいました。
ほんわりと元気が出る歌になっていたらいいなと思います。

今回の楽曲、特に歌詞は、ある大好きなオンライン小説にインスピレーションを得て制作しました。
その作品をここで紹介させて頂きますね。

「響空の言祝」
作:桐原さくも様
web:コトカゼ

唄鳥の民と呼ばれる、癒しの歌の力をもった種族の、落ちこぼれの少女・ハフリ。彼女が異種族の少年・ソラトに出会い、外の世界へと飛び出して、そこで出会ったさまざまな人、物、暮らし、感情に触れ、悩みながらも少しずつ成長していく、そんな物語です。
細やかに描かれる等身大の少女・ハフリの迷いや悩みと、彼女の眼を通して映し出される、ファンタジックなのにどこかリアルな営みや人々の息遣いが感じられる世界観がとても魅力的な作品です。
ハフリとソラトの、もどかしいほどにまっすぐな関係性がまた良いのです。
ハフリたちと同じティーンエイジの方はもちろん、かつて彼女のように迷ったり悩んだりの青春時代を過ごした大人の方の心にも響く作品なのではと思います。

物語の中で、ハフリは何度もソラトの名前を呼びます。
その、彼の名前を呼ぶということの意味合いが、ハフリの成長とともに少しずつ変わっていくのが、私の中でとても印象的でした。
「名前を呼ぶ」、という行為は、相手の存在に寄り添い、受け入れ、肯定し、そして、「あなたは一人じゃないよ」というメッセージを強く伝えるものであるように個人的に思うのです。
あなたの名前を呼ぶ私がここにいるよ、というか。うまくいえないんですけど…。
作品を拝読して感じたその辺りのことを私なりに再構築してみたら、こんな形の曲になりました。

ぜひご視聴いただけたら幸いです!
そして小説「響空の言祝」、とても素敵な作品ですので、興味を持たれた方は是非、サイトの方に足を運んでお読み頂けたらと思います。
posted by nanami at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック